リコネクティブヒーリング

おはようございます!

北海道札幌のヒーラーマリアンです。皆様お元気ですか?

今日もブログをお読みいただきありがとうございます。

これま多くの方がお友達やご家族からのご紹介でこれまでにリコネクティブヒーリングを受けにいらっしゃいました。もしもあなたの周りに苦しんでいらしゃる方がいらしたら、このこれまでのヒーリングとは全く違う全てを包括するリコネクティブヒーリングのお話をどうかお伝えてください。

病気とそのヒーリングに関しては、ただ一つの因果の法則がそこに存在しています。「病気になる度合いは、その人が光であることを忘れた度合いに比例している」ということです。その人が光の意識にどれくらい戻りたいかによって、病気が治るかどうかが決まります。

そして、リコネクティブ・ヒーリングを行っている人は、その人自身が光を放つようになり、ヒーリングを受けている相手と一体になることで、その相手に「自分が光であったこと」を思い出させるのです。それがトリガーとなって、その人本来の光の周波数へ移行していくと、光以外のものが自然に脱落していきます。そのとき、病気が無くなることがその人の人生にとって適切であれば、病気は無くなるのです。

ヒーリングとは制限を外すことであり、進化を促すことでもあります。それは、光が本来あるべき周波数に移行するということです。興味深いことに、最近では DNA が光を発しているということを科学者たちが発見しています。そう、人は光を発しています。人は光の存在なのです。

ヒーリングについて何か複雑なことを教えている人々は、テクニックを売りつけようとしています。自分のやっていることを特別に見せるために複雑な要素を詰め込んでいるのです。そして、様々な「ヒーリングのためのアイテム」を売りつけようとします。

つまり彼らは、あなたが「そのままでは 100パーセントに満たない存在」であることを信じ込ませて、それらを売りつけてくるのです。しかし、その「100パーセントではない」という恐れはあなた本来の光を薄めてしまうでしょう。それは科学によっても証明されています。

エリック・パール インタビューより

詳細、お問い合わせはお電話は又はサロンにて!

赤煉瓦テラスのサロン、宮の森のサロンで、

冷えたトウモロコシのお茶とロータスティー、マリアンブレンドのアイスコーヒーをご用意して皆様のお越しをお待ちしております